いぼの治療について|いぼの種類・治療方法・費用

治療にかかる費用相場

カウンセリング

いぼは1つだけではなく、複数できていたり、大きいものができていると除去するためにどれくらいの費用がかかるのか気になります。除去するいぼの個数や大きさなどで治療費に個人差が出てしまいますが、大体の費用を把握することで、美容外科やクリニックに行く前の不安が軽減されます。では、どれくらいの費用がかかるか見ていきましょう。
レーザー治療の場合、いぼの個数で料金を設定していたり、大きさ(mm単位)で設定していたりします。病院で設定されている条件によって大きく変わってしまい、1ヵ所で約5,000円から30,000円ほどの費用がかかります。さらに初診費用や麻酔の料金などが加算された金額が加算されます。そのため50,000円を超えてしまう可能性もあり、保険も適用されないため、負担が大きいと感じてしまうかもしれませんが、その分1回での治療の効果も高くなります。この保険がきかない治療では、治療を受ける医療機関で費用の差が大きく変わるので、複数の機関を定めて金額を確認しておくと良いでしょう。液体窒素での治療は、保険が利くため3割の自己負担で治療することができます。そのため、1ヵ所で約600円から800円で治療することができ、その金額に初診料・再診料などがかかりますが、費用の負担を抑えることができます。しかし、液体窒素による治療は何度か受けないと完全に取り除くことは出来ないので治療の回数が多くなってしまいます。まずはいぼの状態を診てもらい、何回ほど治療を受ける必要があるのか確認してトータルでいくらくらいかかるのか計算してみるといいでしょう。内服薬での治療では、他の治療と併用することがあるので、こちらも把握しておくといいでしょう。薬の種類は複数あるようで、種類によって価格も変わります。大体の金額は1ヶ月で約1,500円から3,000円になります。内服薬ももらう機関によって金額が変わるので、処方の話がでたら確認してみましょう。内服薬では完治は難しいので他の治療法と併用することが多いですが、ないよりは内服薬の併用をした方が、治療期間が短くなる可能性は高くなるはずです。
いぼを除去するためには大きな費用を負担しないといけなかったり、保険適用でも治療期間が長くなってしまったりします。どの治療でも費用の負担を軽減させたいなら、いぼが少ない・小さいうちに美容外科やクリニックに行くようにしましょう。