いぼの治療について|いぼの種類・治療方法・費用

いぼ治療後のダウンタイム

看護師

イボの治療はいくつかあります。また、皮膚からいぼを取り除くため、ダウンタイムもあります。いくつかの治療方法別にダウンタイムを見ていきましょう。
レーザー治療(CO2レーザー)でいぼを除去したときのダウンタイムから説明していきます。この治療方法は皮膚の水分に反応していぼを蒸発させることで取り除きます。この治療法は出血量は少ないが、場合によっては皮膚の深い部分にまでレーザーを当てる必要があります。そのため、いぼが大きければその分ダウンタイムは長くなってしまいます。治療後は1~2日ほど傷跡がジュクジュクしていますが、3日ほどでかさぶたになりその後は火傷のような跡が残って約2~3ヶ月ほどで元の皮膚の状態に戻ります。液体窒素での治療の場合、数日経つと患部がかさぶたになって自然に剥がれ落ちていきます。レーザーよりダウンタイムは短いが、何度か同じ場所を液体窒素で焼く必要があり、治療期間が長くなってしまいます。場合によっては色素沈着になる可能性もあります。内服薬による治療では、皮膚を直接傷つけて治療するわけではないので、ダウンタイムはないが、内服薬だけでは完治が難しいと言われています。ダウンタイムを把握して自分の生活に支障が出ないような治療法を選ぶといいでしょう。ちなみに治療期間が短いことを優先するのであればレーザー治療、ダウンタイムが短いことを優先するなら液体窒素による治療を選び、いぼの状況から治療期間を医師に確認するといいでしょう。しかし、顔のいぼを治療法で液体窒素を選んだ場合は色素沈着が予想されるので、顔や露出が多い部位の治療では美容外科でレーザーによる治療をした方が綺麗な肌にできるでしょう。美容外科では美容を専門にしているので治療後のケアなど詳しい情報も知ることができます。

レーザーや液体窒素でいぼを除去した場合はダウンタイム中の生活は注意しましょう。肌に直接当てて治療する方法なので、治療後は肌が弱っている状態です。そのまま患部に紫外線が当たってしまうと、皮膚を守るためにメラニンが多く発生してしまう可能性があります。紫外線から皮膚を守るためには日焼け止めを塗る方法があるが、傷のような状態の肌に塗ることはできないので、保護テープを付けて、なるべく日の当たらないような格好をするようにしましょう。医師に相談して患部の状態がよくなり日焼け止めでも良いと言われたら使用するようにしましょう。